トランプ米大統領、国境を訪問へ-政府閉鎖の影響広がる

  • 大統領は9日、民主党議員らとの会談を退席
  • トランプ氏はテキサス州を訪問へ-政府閉鎖は20日目に突入

トランプ米大統領がホワイトハウスでのペロシ下院議長との会談を退席する決断に至ったことで、同大統領と民主党との関係は新たな段階へと悪化した。3週間近い政府機関閉鎖の影響は強まりそうだ。

  連邦政府職員約80万人に11日、給与が支払われない見通しで、財政的な痛みは全米の家計へと広がりつつある。こう着状態の打開に向けて歩み寄るどころか、トランプ氏は10日、テキサス州のメキシコとの国境を訪問し、民主党との行き詰まりの中心的問題である壁建設への支持を集める予定だ。

トランプ大統領、1月9日

写真:Al Drago / Bloomberg

  トランプ氏の国境訪問は支持基盤の強化につながるかもしれないが、壁建設費用57億ドル(約6150億円)の確保に必要な民主党議員の支持が得られる可能性は低い。同大統領はこれまでのところ大半の共和党議員が反対に回る事態は回避しているが、政府閉鎖の影響が顕在化するのに伴い、それも試されることになる。

原題:Trump Heads to Border as Shutdown Intensifies and Talks Collapse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE