コンテンツにスキップする

ジャガー:世界で4500人を削減へ、10%に相当-英EU離脱など影響

インドの自動車メーカー、タタ・モーターズの高級車部門ジャガー・ランドローバーは、世界で4500人を削減する計画だ。英国の欧州連合(EU)離脱やディーゼル車の需要低迷、中国の景気鈍化などによる販売減速が背景にある。

  10日の発表資料によると、今回削減される人員は全体の約10%に相当する。同社は昨年、2020年末までにコストとキャッシュフローを25億ポンド(約3452億円)相当改善させる計画を発表しており、今回はその一環となる。

  ラルフ・スペッツ最高経営責任者(CEO)は「あらゆる地政学的および規制の障壁があり、自動車業界が技術的な課題を抱えている中で、当社は長期的な成長を実現させるため断固たる行動を取る」と述べた。

原題:Jaguar Says It Will Cut 4,500 Jobs Worldwide Amid Brexit Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE