ロシア:外貨準備で1010億米ドル放出-ユーロと人民元を積み増し

  • ユーロと人民元を440億ドル相当引き上げ、円も210億ドル相当拡大
  • 米国からのさらなる制裁を警戒し、ドルを敬遠

ロシア中央銀行は昨年春、外貨準備から1010億米ドル(約10兆9200億円)を手放し、ユーロと人民元に振り向けていたことが分かった。ロシアは米国からの追加制裁措置に直面している。

  同中銀が9日夜に発表した外貨準備報告書によると、昨年第2四半期(4-6月)にユーロと人民元の外貨準備をいずれも440億ドル相当引き上げた。同中銀はまた、円も210億ドル相当積み増した。同中銀は外貨準備を各四半期終了から6カ月後に報告する。

  同報告書によると、外貨準備に占める人民元の比率は15%と、前四半期末の5%から拡大した。国際通貨基金(IMF)のデータによれば、ロシアが保有する人民元の比率は他国の中銀の平均と比べて約10倍。世界の中銀が保有する人民元の約4分の1をロシアが占める。

China Pivot

Russia sold $100 billion of dollar reserves to buy euros, yuan

Source: Bank of Russia report, Bloomberg calculations

原題:Russia Dumps $101 Billion From Dollar Reserves in Pivot to China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE