コンテンツにスキップする

シティ香港の女性株式トレーダーが停職に-情報開示巡り調査と関係者

  • トレーダーが利害関係を顧客に適切に開示したかどうか担当者が調査
  • 07年からシティで働くシンディー・ルイ氏が職場を離れたと関係者

米銀シティグループは一部顧客との取引に関する内部調査を開始し、過去数週間のうちに香港在勤の女性株式トレーダー1人を停職処分とした。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、香港の一部のトレーダーが自分たちが取引している株式について、利害関係を顧客に適切に開示していたかどうかシティの担当者が調査している。関係者によれば、現在も続いている調査の結果、2007年からシティで働くシンディー・ルイ氏が職場を離れたという。

  香港のブローカーが顧客にとって最良の価格条件で取引を執行しているかどうか香港証券先物委員会(SFC)が業界全体を対象とする調査に昨年動き、その後シティの内部調査が行われている。

  シティの広報担当(香港在勤)ジェームズ・グリフィス氏とルイ氏は、いずれもコメントを控えている。

原題:Citigroup Is Said to Suspend Hong Kong Trader Amid Stocks Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE