コンテンツにスキップする

小米株が大幅続落、3日連続の下げで時価総額6800億円吹き飛ぶ

  • 上場後半年間のロックアップ期間終了で株主が売り急ぐ
  • 株価はIPO価格の17香港ドルに遠く及ばず

中国のスマートフォンメーカー、小米の株価が10日の香港市場で大幅続落。投資家は損失を抑えようと売り急いだ。

  香港時間午前10時18分(日本時間同11時18分)時点で、小米株は前日比4.1%安。3営業日の下げは18%に拡大し、時価総額は63億ドル(約6800億円)失われた。ゴールドマン・サックス・グループと中国国際金融のアナリストらが小米の目標株価を引き下げるなど、このところ下方修正が相次いでいる。

  小米株は上場後半年間のロックアップ期間が終了し、売却制限が解除されたことから、多くの株主が売りの流れに乗った。取引所外での相次ぐブロック取引は、株価が新規株式公開(IPO)価格の17香港ドルに遠く及ばないにもかかわらず、処分する機会をつかもうとする一部株主の動きを浮き彫りにした。

Stock drops below HK$10 for the first time

原題:Xiaomi Woes Deepen as Three-Day Rout Wipes $6 Billion Off Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE