コンテンツにスキップする

ゴールドマン、アジアのプライムサービスで増員へ-昨年は15%拡大

  • 「世界的にも地域内でも活動拡大が続いている」―アジア責任者
  • 2018年中に獲得した新規顧客数は32社の倍以上

ゴールドマン・サックス・グループは今年、アジアのプライムサービスでさらに人員を増やす計画だ。2018年はチームを15%程度拡大した。

  ユーリカヘッジの暫定集計によると、アジアに特化したヘッジファンドの18年成績は平均でマイナス8.9%と、世界全体の2倍以上の落ち込みだった。それでも、新規ファンド設定は続き、3分の1程度のファンドはプラスの成績を確保した。

Bearing the Brunt

Asia hedge funds took a battering in 2018 amid global market turmoil

Source: Eurekahedge

  ゴールドマンのプライムサービス部門のアジア太平洋地域責任者に昨年8月に就任したパディデ・ラファエル氏は最近のインタビューで、「世界的にも地域内でも活動拡大が続いている。われわれの顧客基盤について楽観しており、今年も選択的に採用を続ける計画だ」と語った。

  アジアヘッジが昨年5月に公表した業界年次調査によると、プライムブローカーとしてゴールドマンを使うヘッジファンドはそれまでの1年間に32社増えていたもよう。ラフェエル氏は正確な数字は示さなかったものの、18年中に獲得した新規顧客数はその倍以上だと述べた。

Bright Spot

More Asia funds opened than closed in 2018, unlike in North America and Europe

Source: Eurekahedge

原題:Goldman Sachs Plans to Expand Asia Prime Services Team This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE