コンテンツにスキップする

2018年のヘッジファンド運用成績、ファンド間の隔たり鮮明

  • マクロ戦略ファンドではオデイ、オートノミー、ブレバンが好調
  • QIM、グリーンライト、グレンビューが2桁のマイナス

ヘッジファンドの2018年の運用成績が出始める中で、好調だったファンド、大幅な損失を記録した運用者、その中間に収まったファンドと命運が大きく分かれたことが鮮明になった。

  ヘッジファンド・リサーチによれば、業界全体の運用成績はファンド加重ベースで4.1%の損失と、年間としては2011年以来のマイナス幅。規模が小さめで運用が機動的なファンドなどは、S&P500種株価指数が金融危機以来の下落率となった不安定な市場をうまく乗り切った。一方、デービッド・アイホーン氏のファンドなどはこれまでで最も悪い年間成績を残した。

  昨年のヘッジファンドの運用成績を以下に示した。

好調だったファンド

ファンド名

2018年のリターン(%)

戦略

Odey European53Macro
Northlander Commodity52.7Energy
Crescat Global Macro40.5Macro
QQQ Capital***39.4L/S Equity
Alta Park34.8L/S Equity
SoMa Partners20L/S Equity
Autonomy Global Macro16.7Macro
Mudrick Capital16.2Distressed
Bridgewater Pure Alpha14.6Macro
Aspect Systematic Global Macro14.3Quant
Tiger Global                        ~14L/S Equity
Luxor Capital Partners Offshore13.6Event-driven
Brevan Howard Master12.3Macro
D.E. Shaw Composite11.2Multi-strategy
Sylebra Capital Partners Master11L/S Equity
Kuvari Focus10.5L/S Equity
Citadel Wellington9.1Multi-strategy
Millennium4.9Multi-strategy
Rokos Global Macro Master                          ~2Macro
Point72*                          <1L/S Equity
Marshall Wace Eureka0.6L/S Equity
ExodusPoint Capital**0.6Multi-strategy

*2018年春に取引開始
**6月に取引開始
***4月2日に取引開始

不調だったファンド

ファンド名

2018年のリターン (%)

戦略

Pershing Square Holdings-0.7Activist
Winton-0.6Quant
Marshall Wace Market Neutral TOPS-0.6Market-neutral
Coatue Qualified-1.2L/S Equity
OZ Master-1.3Multi-strategy

かなり悪かったファンド

ファンド名

2018のリターン(%)

戦略

Balyasny Atlas Enhanced-7.1Multi-strategy
Algebris Macro Credit-10.8Credit
Third Point Offshore-11Event-driven
Aspect Diversified-14.6Quant
Glenview-16.2L/S Equity
SMN Diversified Futures-17.8Quant
Z Europe-17.9L/S Equity
Trias L/S Fund-25L/S Equity
Greenlight Capital-34L/S Equity
Atlantic Investment’s Cambrian-35Activist
QIM’s Quantitative Tactical Aggressive-42.1Quant

出典:ブルームバーグ報道

原題:Hedge Fund Performance in 2018: The Good, Bad and the Ugly (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE