FOMC議事要旨:追加利上げに対する当局者の慎重姿勢示す

更新日時

米連邦準備制度理事会(FRB)が9日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)会合(昨年12月18-19日開催)の議事要旨によると、当局者らは追加利上げについて、声明に記されたよりも慎重な姿勢を示した。

  議事要旨では「多くの参加者は、特にインフレ圧力が落ち着いた環境においては、FOMCはさらなる政策引き締めに関して辛抱強くなれる余地があるとの見解を示した」と記された。

  利上げは議決権を持つメンバーの全会一致での決定だったが、議事要旨によれば「数人の参加者」が据え置きを支持。議事要旨では、金融市場での最近のボラティリティーや見通しへのリスクにFOMCが注意を払っていることが示された。

  議事要旨では「金融市場のボラティリティーや世界の成長を巡る懸念増大といった最近の動向により、今後の政策引き締めの適切な程度と時期は以前より明確でなくなったとの見解を参加者は示した」と記された。

  当局者らは、政策金利のさらなる漸進的な引き上げの可能性が高いことは示唆したものの、幾人かの参加者は「今後数回の会合でフォワードガイダンスを完全に削除する」ことが適切になる可能性があると指摘。金融政策決定における「データ依存の性質」を強調する文言への置き換えを提案した。

  このほか議事要旨では、声明で政策金利を「漸進的にさらに幾分か引き上げる」との文言にしたことについて、メンバーらが「比較的限定的な規模の追加引き締めが適切になる可能性が高いと判断した」ことを示していると説明した。

原題:Fed Minutes Reveal Caution on Rates Missing From Statement(抜粋)

(第3段落以降に議事要旨の内容を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE