コンテンツにスキップする

米国債市場に警戒信号、2018年の需要は10年ぶり低水準

  • 応札倍率2.6倍は08年以来の低水準、米国債の発行は急増
  • 需要の弱さは「突如として問題視される」-ドイツ銀スロック氏

米財務省は今年の債券発行を開始したが、トレーダーが留意すべき心配な兆しが1つ表れている。国債入札における需要の急激な落ち込みだ。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、昨年発行された総額2兆4000億ドル(約260兆円)の中長期債に対する応札倍率は2.6倍にすぎず、2008年以降で最も低かった。米国債の指標利回りは昨年10月に数年ぶりの高水準に達したが、それでも応札倍率は低下した。

  これは米政府が必要な資金の調達に問題を抱えるということではない。低調な入札が国債の下落につながることを示すデータもほとんどない。それでも米国債の需要が同国の膨張する赤字に追いついていかない可能性を示す警戒信号になる。トランプ政権の減税を主な理由として、2018年は国債発行が急増した。米政府の財政赤字は近く1兆ドルを超え、今後数年にわたってその水準にとどまると予測されている。

First coupon auction of 2019 draws lowest bid-to-cover since 2009

  ドイツ銀行のチーフ国際エコノミスト、トルステン・スロック氏は、需要の弱さは「突如として問題視されるまで、問題ではない」と指摘。「応札倍率の低下は脆弱(ぜいじゃく)性を高め、投資家が応札倍率の低下を突然重視し始める可能性を増す。換言すれば、すべての財政危機は応札倍率の低下から始まる」と語った。

  2019年最初の国債入札も不安を緩和することはほぼなかった。8日実施の3年債入札の規模は同年債としては2010年以降で最大の380億ドル、応札倍率は09年以降で最低だった。

原題:Bond-Market Warning Seen in Weakest Treasuries Demand Since ’08(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE