ユーロ圏失業率:11月は7.9%に低下、10年ぶりの低水準

ユーロ圏の失業率は10年ぶりの低水準となった。経済成長の減速による影響が労働市場にはまだ波及していない様子だ。

  欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットの9日発表によると、昨年11月の失業率は7.9%。それ以前の3カ月はいずれも従来の発表値から引き下げられた。

  欧州中央銀行(ECB)の当局者は、一段と逼迫(ひっぱく)する労働市場が賃金上昇を支え、最終的にインフレも加速させると予測しており、今回の統計内容はその期待を後押ししそうだ。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Euro-Area Unemployment Falls Below 8% for First Time in a Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE