コンテンツにスキップする

中国株上昇、消費喚起期待で自動車・家電銘柄に買い-香港株も高い

  • 上海総合指数は0.7%高-香港ハンセン指数、2.3%上昇
  • 「この日の上げは若干行き過ぎだ」-UOBのレオン氏

9日の中国株式相場は上昇。CSI300指数が先月19日以来の高値で引けた。中国政府が消費を刺激する方針を示唆したほか、米中通商交渉がまとまるとの期待が広がった。自動車会社と家電メーカーが大きく買われた。

  CSI300指数は前日比1%高で終了。上海総合指数は0.7%高。香港ではハンセン指数が2.3%上げて引けた。本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は2.2%値上がり。

  国家発展改革委員会(発改委)の寧吉喆副主任が自動車と家電製品の消費促進に向けた措置を講じると発言したと中国中央テレビ局(CCTV)が8日遅く報じたことが好感された。

  ただUOBケイ・ヒアン(香港)のエグゼクティブディレクター、スティーブ・レオン氏は「この日の上げは若干行き過ぎだ。当局は自動車・家電業界を支援するガイドラインについてある程度コメントしただけで、何がいつ具体的に発表されるかはまだ分からない」と述べた。

Gauge of Chinese consumer gauge surges to a three-week high

原題:China Stocks Rally to 3-Week High, Though Euphoria May Be Brief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE