コンテンツにスキップする

円ポジション、大手運用会社が変更ー「フラッシュクラッシュ」に対応

  • アライアンスバーンスタインとマニュライフが円を売却
  • リスク回避の円上昇、予想難しい-ラッセルのルー氏
Japanese 10,000 yen banknotes.

Japanese 10,000 yen banknotes.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Japanese 10,000 yen banknotes.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

2019年初めの円の上昇について、合わせて1兆ドル(約109兆円)を運用する資産運用会社2社は、行き過ぎ、早過ぎと感じている。

  アライアンスバーンスタイン(運用資産約5500億ドル)は先週のドル「フラッシュクラッシュ」で円が4%上げたことを受け、円を売った。マニュライフ・アセット・マネジメント(同約4000億ドル)もこの円急騰時に、オーストラリア・ドルに対する円の買い持ちを減らした。

  円は昨年、ドルに対して上昇したがさらに、今年最初の数日で一時的ながらブルームバーグ調査の2019年末予想中央値を上回ってしまった。投資家は、どこまで円高が進むのかと頭を悩ませている。

  だがアライアンスバーンスタインのポートフォリオマネジャー、ジョン・テーラー氏は、「円は短期間に上昇し過ぎた」と指摘。最近の上昇の際に円のポジションをロングからショートに変更したと述べた。「円はフェデラルファンド(FF)金利との相関性が大きかったので、米短期国債の上昇に伴って円が若干下落するとみている」と説明した。

  アジア時間9日の取引で円は1ドル=109円前後で、年初来の値上がり幅は約1%。
  
  マニュライフはリスクオフのポジションとしてオーストラリア・ドルに対する円のロングを組んでいたが、先週のボラティリティーが高まった時にエクスポージャーを減らした。3日の動きは「行き過ぎ」だと思われたと、ポートフォリオマネジャーのデービッド・ルール氏が述べた。市場センチメントの円強気も弱まったと指摘した。

  一方、ラッセル・インベストメンツの通貨・債券調査責任者、バン・ルー氏は、先週の動きはリスク回避に起因する円上昇に予想が付かないことを示したとし、次のリスク回避ムードに備え円へのエクスポージャーを維持するよう勧めている。

Dollar-yen likely to weaken in short-term for Manulife, AllianceBernstein

原題:These Investors Changed Course on the Yen During the Flash Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE