米中通商協議、9日も継続-トランプ氏「交渉は非常に順調」

更新日時

北京で行われた米中の通商協議は進展しており、9日も継続されると、米国の交渉担当者が明らかにした。

  交渉団の1人である米エネルギー省のスティーブ・ウィンバーグ氏は現地で記者団に対し、7-8日の過去2日間の協議は「順調に進んだ」とし、「あすも継続する」と述べた。

  元々2日間の予定だった今回の通商協議が延長される理由は、現時点では明らかでない。トランプ米大統領は8日、「中国との交渉は非常にうまく進んでいる!」とツイートし、交渉の進展に楽観を示した。

劉鶴副首相

Photographer: Jason Alden/Bloomberg

  協議について知る関係者によると、中国の習近平国家主席の経済ブレーンである劉鶴副首相が7日の協議では短く発言した。

  中国外務省の陸慷報道官は8日の記者会見で、劉副首相が今回の協議に参加したのかと質問され、出席していても何ら驚きではないと答えた。劉副首相は昨年ワシントンで行われた米中協議を率い、今月中にはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と会談する見通しだ。

  北京で交渉に臨んでいる米国の担当者らは中国側に対し、中国が表明した市場開放などの約束を確実に実施するメカニズムをつくるよう主張している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。米国の要求には、米国産品の購入について具体的な日程を設定することや、米企業による中国市場へのアクセスを中国当局が妨げないよう保証することなどが含まれるという。

  ダウ・ジョーンズは事情に詳しい複数の関係者の情報を基に、米中は通商合意をまとめる用意が依然できていないと伝えた。両国の交渉担当者は貿易問題での相違を狭めており、中国が米国の商品やサービスを購入することなどで進展があったと報じた。

原題:U.S.-China Trade Talks Extend to Wednesday, Trump Sees Progress(抜粋)U.S., China Still Not Ready to Conclude A Trade Deal: DJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE