スイスのシーカ、パレックスに買収提案-企業価値25億フランの評価で

  • 規制当局などの承認経て4-6月か7-9月に買収完了見込み
  • 最大1億スイス・フランの年間相乗効果が生まれると試算

スイスの建材メーカー、シーカはモルタルなどを手掛ける同業のパレックス(非公開企業)に対し、企業価値を25億スイス・フラン(約2800億円)と評価する買収案を提示した。主要事業の拡充を目指す。

  シーカの発表によると、買収は規制当局などの承認を得た上で4-6月(第2四半期)か7-9月(第3四半期)に完了する見込み。その後、初年度から1株利益に買収効果が見込まれるという。同社は買収で8000万-1億フランの「年間相乗効果」が生まれると試算した。

  同社はCVCキャピタル・パートナーズからパレックスを買収することで建設用化学品や工業用接着剤分野での優位性を強固にし、売上高を80億フラン超に押し上げたい意向を示した。収益源の柱の1つであるモルタル事業の規模は2倍強の23億フラン相当に拡大するという。

原題:Sika to Buy U.K. Materials Maker Parex at $2.6 Billion Value (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE