コンテンツにスキップする

FRB理事に指名のネリー・リャン氏が辞退-ホワイトハウス発表

  • リャン氏の辞退は自発的でホワイトハウスの圧力はなかった-関係者
  • グッドフレンド氏の理事指名取り下げは議論されていないとされる

ホワイトハウスは7日、トランプ大統領が連邦準備制度理事会(FRB)理事に指名していた元FRBエコノミストのネリー・リャン氏が辞退したと発表した。

  事情に詳しい関係者1人によれば、リャン氏の辞退は自発的なもので、ホワイトハウスからの圧力はなかった。2人が空席となっているFRB理事ポストには、カーネギー・メロン大学教授のマービン・グッドフレンド氏も指名されているが、政権内では同氏の指名取り下げについて一切議論していないという。

  7人が定員のFRBは2人を欠いた状態でも運営に支障はないが、パウエル議長の下での利上げを繰り返し批判しているトランプ大統領は、リャン氏の辞退を受けて自身の考えに近い人物を新たに指名する機会を与えられることになりそうだ。FRB理事の就任には上院での指名承認が必要。

  リャン氏は現在、ブルッキングズ研究所のシニアフェローを務めており、トランプ大統領は昨年9月にFRB理事に指名していた。

  ホワイトハウスのウォルターズ報道官は、「ネリー・リャン氏から辞退の意向が伝えらたのを発表するのは残念だ。われわれはリャン氏の指名を支持し、同氏が素晴らしい理事となると確信していた」とする声明を発表した。

  一方、2017年11月にFRB理事に指名されたグッドフレンド氏は、上院銀行委員会で承認されたものの、上院本会議で十分な賛成票を確保できるか多数派の共和党指導部も確信できないとして、就任に向けたプロセスは滞っている。

原題:Fed Board Nominee Nellie Liang Withdraws From Consideration(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE