コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル3日続落、株高などでリスクテーク意欲が改善

更新日時

7日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が3営業日続落。米中貿易協議に対する楽観から、株式相場が上昇した。

  中国が大豆の購入を再開したとの報道もリスクセンチメントの支えになった。ポンペオ米国務長官は北朝鮮問題に関して中国は良いパートナーであるとの認識を示した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は8日に中国を訪問する見通しだ。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は昨年10月半ば以来の低水準をつけた。ドルは円を除く対主要通貨で全面安となった。一方、資源国通貨は上昇。ニューヨーク原油先物が再びバレル当たり50ドルに向かって値上がりしたことが追い風。

  米供給管理協会(ISM)が7日発表した12月の非製造業総合景況指数は57.6と、5カ月ぶりの低水準となった。市場予想の中央値は58.5だった。ただ、米国債利回りは上昇。市場は国境警備に関する8日夕のトランプ大統領の演説を待っている。

  この日リスク資産が上昇した背景には、先週の中国人民銀による市中銀行の預金準備率引き下げや、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派的な発言もある。パウエル議長は金融政策を柔軟に運営していく方針を示し、当局者は金融市場に「注意深く耳を傾けている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後4時25分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。ドルは対円で0.2%上昇の1ドル=108円67銭。対ユーロでは0.7%安の1ユーロ=1.1475ドル。円は対ユーロで0.9%下げて1ユーロ=124円71銭。

Bloomberg dollar index closes in on 200-day moving average

欧州時間の取引

  米金融当局が利上げを停止するとの観測が引き続きドルの重しになった。米金融当局者のハト派的な発言や力強い米雇用統計、中国の金融緩和を背景に、リスク資産は支えられ、資源国通貨は上昇。ドイツの製造業受注指数は軟調だったものの、ユーロは上げ幅を拡大した。

原題:Dollar Drops for 3rd Day as Risk Appetite Improves: Inside G-10(抜粋)
Dollar Retains Bearish Tone, Pound Vols Stay Bid: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、2、4段落以降を追加します。.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE