コンテンツにスキップする

トレーダーが米国債ロング大幅縮小-雇用統計受けた利回り急騰の中で

  • 2年債先物の未決済建玉は13万5000枚余り減少
  • 米2年国債利回りは4日に12ベーシスポイント上昇

予想より強い米雇用統計データを受け債券が売られる中で、トレーダーらは2年物米国債先物のロングポジションを大幅に減らした。

  米2年国債利回りは4日に12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、4年ぶりの大幅上昇を演じた。取引所の暫定データによると、2年債先物の未決済建玉は13万5000枚余り減少した。

  これは11月の前限月のロールオーバー以降で最も大きく、昨年12月半ばから積み上がったロングポジションが解消されたことを示唆する。2年国債利回りは12月14日から今月3日までに35bp余り低下していた。

Traders slash positions in two-year Treasury futures as prices drop

原題:Traders Cut Longs in Treasury Futures After Blowout Payrolls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE