ヒラリー氏、20年大統領選への出馬検討の民主党員と会合

ヒラリー・クリントン氏

Photographer: Daniel Acker / Bloomberg

Photographer: Daniel Acker / Bloomberg

2016年の米大統領選挙の民主党候補で国務長官を務めた経験を持つヒラリー・クリントン氏は、20年大統領選に向け自身の支持を求める同党の有力候補と目される民主党員らと会談を重ねていると複数のメディアが報じた。

  アクシオスやCNNの報道によれば、ヒラリー氏はコリー・ブッカー、エリザベス・ウォーレン両上院議員のほか、 ジョン・ヒッケンルーパー・コロラド州知事やエリック・ガルセッティ・ロサンゼルス市長と会談。 カマラ・ハリス上院議員とも会ったとCNNは伝えた。他の民主党員との会合も計画しているという。

  既にヒラリー氏と会談した党員のうち、大統領選の準備委員会の設置を発表したのはウォーレン氏だけで、それ以外は依然として公式には出馬を検討している段階。こうした会合が行われていることは、ヒラリー氏自身は出馬しないにもかかわらず20年大統領選に大きな影響力を有することを示している。

  ヒラリー氏との会合についてはアクシオスが最初に伝えた。

原題:Hillary Clinton Said to Be Courted by Democrats Mulling 2020 Run(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE