コンテンツにスキップする

UBS会長:エルモッティCEOの後継者探し、非常に初期の段階

  • 「環境は極めて良好で、急かされてはいない」-ウェーバー会長
  • 元BofAマイスナー氏が後継候補か、臆測にはコメント控えた

スイスの銀行、UBSグループのアクセル・ウェーバー会長は7日、セルジオ・エルモッティ最高経営責任者(CEO)の後継者探しを急いでいないと述べた。

  同会長は上海でブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、同行は次期CEOについて計画する「非常に初期の段階」にあると語った。「突然起こることではない。環境は極めて良好で、急かされてはいない」と述べた。

  元バンク・オブ・アメリカ(BofA)投資銀行責任者のクリスチャン・マイスナー氏をエルモッティ氏の後継候補と考えているとの臆測については、コメントを控えた。ブルームバーグ・ニュースは先週、UBSがマイスナー氏の同行入りの可能性で交渉したと報じていた。

Key Speakers At Bundesbank European Money And Finance Forum

ウェーバー会長

写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg

原題:UBS Is at Early Stage of CEO Succession Planning, Chairman Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE