コンテンツにスキップする

米ワーナー上院議員ら、中国による技術移転阻止目指す法案を提出

  • ワーナー、ルビオ両議員はホワイトハウスに新たな部署設置求める
  • 米国の対抗策は不十分だと両議員は指摘した

米上院議員2人は、中国などによる技術移転の活用やサプライチェーンへの浸透に対し、米国の対抗策が不十分だと指摘した。

  国家ぐるみの技術の不法入手を阻止し、米消費者に技術を提供するサプライチェーンへのリスクに備えるため、マーク・ワーナー(民主)、マルコ・ルビオ (共和)両上院議員はホワイトハウスに「重要技術安全保障局」設置を義務付ける法案を超党派で提出した。

  両議員は米国家安全保障上の脅威だと非難を浴びた中国の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)と華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の製品など外国製品も標的にしている。

原題:U.S. Tech Transfers to China Targeted in New Security Bill (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE