コンテンツにスキップする

マレーシアのムハマド5世国王、任期途中で退位-異例の事態

  • 16年12月13日に即位した国王(49)の退位は6日付
  • 国王は9州の世襲制スルタンが持ち回りで選任し、任期は5年

マレーシアの第15代国王ムハマド5世が任期途中で退位した。国内9州が互選で決める国王が任期を残して退位するのは異例だ。

  マレーシア王室が6日、声明で発表した。2016年12月13日に即位したムハマド5世国王(49)の退位は同日付だが、理由は示されていない。国王は9州の世襲制スルタン(イスラム王侯)が持ち回りで選任し、任期は5年。

MALAYSIA-POLITICS-PARLIAMENT

ムハマド5世

写真家:Mohd Rasfan / AFP via Getty Images

原題:Malaysia’s King Abdicates in an Unprecedented Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE