コンテンツにスキップする

ブリッジウォーターの「ピュア・アルファ」、昨年のリターンは14.6%

  • 激しい相場変動の中でプラスのリターンを確保
  • 18年のヘッジファンド平均リターンはマイナス6.7%-HFRX
レイ・ダリオ氏

レイ・ダリオ氏

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
レイ・ダリオ氏
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

ブリッジウォーター・アソシエーツの旗艦ヘッジファンドは昨年、株式が幅広く値下がりする中でプラス14.6%のリターンを達成した。ブルームバーグが閲覧した書類から明らかになった。

  米コネティカット州ウェストポートを拠点とするブリッジウォーターは世界最大のヘッジファンド運営会社で総資産は約1600億ドル(約17兆3400億円)。同社が運用する「ピュア・アルファ・ストラテジー」は、他社のファンドマネジャーらが激しい相場変動に振り回される中でプラスのリターンを確保した。昨年はヘッジファンド業界にとって過去最悪の年の一つとなった。

  HFRXグローバル・ヘッジファンド指数によれば、2018年のヘッジファンド平均リターンはマイナス6.7%だった。これに対しS&P500種株価指数はマイナス4.4%。

  同書類によると、ピュア・アルファ・ストラテジーは1991年の創設以来、平均で年12%の正味リターンを達成してきた。

  ブリッジウォーターはレイ・ダリオ氏が創業。現在はデービッド・マコーミック氏とアイリーン・マレー氏が共同最高経営責任者(CEO)を務めている。

  同社の広報担当者はコメントを控えている。

原題:Bridgewater’s Pure Alpha Fund Is Said to Return 14.6% Last Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE