コンテンツにスキップする

アップル、サービス企業へのシフト鮮明-サムスンとのTV巡る合意で

  • iTunesをサムスン製スマートTVで提供する合意を発表
  • アップルはサービス収入拡大に向け第三者との協力に前向きとの見方

韓国のサムスン電子は6日、2019年型サムスン・スマートTVで米アップル「iTunes(アイチューンズ)」の映画・テレビ番組と「AirPlay(エアプレー)2」のサポートの提供を今春開始するとウェブサイトで発表した。アップルが競合相手の製造するテレビにサービスを提供するという、最近まで考えられなかったような合意だ。

  この動きは「iPhone(アイフォーン)」など機器の販売低迷が続くアップルが、ハイテク・メディアサービス企業へと舵を切ろうとする状況を示すものだ。同社を長年カバーしてきたアナリストのジーン・マンスター氏は「ハードウエア第一のアプローチを変え、第三者と組みサービス収入を拡大させるのに前向きであることをさらに裏付けるものだ」と話した。

  アップルは先週、ホリデーシーズンを含む2018年10-12月(第1四半期)のアイフォーン販売が予想を下回ったとして市場にショックを与えたが、サービス収入は過去最高の108億ドル(約1兆1700億円)に達したと説明した。

relates to アップル、サービス企業へのシフト鮮明-サムスンとのTV巡る合意で

サムスンのスマートTVがiTunesのアプリを表示

出典:サムスン電子株式会社

  アップルとサムスンはスマートフォンの特許を巡り約7年間にわたって係争状態にあったが、昨年6月に最終的に和解し訴訟に終止符が打たれた。アップルの元マーケティング担当幹部マイケル・ガーテンバーグ氏は今回の合意について、「アップルがサムスンをかつてのような敵とは恐らく見なしていないことを示すだろう」とし、「アップルとサムスンはともに懸念すべき別の相手がいる。敵の敵は友だ」と指摘した。

原題:Apple’s TV Deal With Samsung Showcases Shift to Services (1)、Samsung to Offer Apple iTunes Movies & Shows on Smart TVs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE