トランプ大統領、壁建設で国家緊急事態を宣言する可能性改めて主張

トランプ大統領

Photographer: JIM WATSON/AFP
Photographer: JIM WATSON/AFP

トランプ米大統領は6日、議会の承認なしでメキシコ国境に壁を建設するため国家緊急事態を宣言する可能性を改めて示した。3週目に入った一部政府機関閉鎖を終わらせる協議の成り行き次第だとしている。

  トランプ氏は「今後数日間で起こること次第で、国家緊急事態を宣言する可能性がある」と、記者団に発言。この後、メリーランド州のキャンプ・デービッドに向けて出発した。「国境の安全保障やその他多くの話題についての会合」にホワイトハウス幹部と臨むと説明している。

  トランプ氏が国家緊急事態を宣言した場合、民主党議員は法的な異議を申し立てる構え。ディック・ダービン上院議員は、トランプ氏が「異議に直面することになるだろう。間違いない」と6日のCBS放送の番組「フェース・ザ・ネーション」で発言した。

  共和党のリチャード・シェルビー上院議員はFOXニュースに出演。トランプ氏には議会を迂回(うかい)するための一定の「固有の権限」があるが、国境の壁の資金調達は立法措置という正しい方法を通じて行われなければならないと説明した。

  6日にはペンス副大統領らホワイトハウス幹部が議会スタッフとの再協議に臨んでいる。トランプ氏は「非常に真剣な話し合いが7日、8日、9日に行われるだろうと思う」と発言。「国境の安全保障がなければならない」と述べた。

  「FOXニュース・サンデー」に出演したサンダース報道官は、「トランプ氏が取る手段は何であれ法的に有効で、あらゆる選択肢を検討している」と話した。

  下院軍事委員会で委員長に就任した民主党のアダム・スミス議員は、トランプ氏には緊急事態を宣言し、米軍に壁の建設をさせる権限があるとしながらも、「この場合、大統領は『何が緊急事態なのか』という説明要求を法廷で受けることになるだろう」と指摘。ABC放送の番組「ジス・ウィーク」で6日に発言した。

原題:Trump Renews Threat to Declare Emergency in Border Wall Dispute(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE