豊洲の初競り、大間のマグロが過去最高の3億3360万円

豊洲市場(東京都江東区)で5日に初競りが行われ、青森県大間産のクロマグロが一匹当たり3億3360万円と史上最高値で競り落とされた。同市場での初競りは、昨年10月の開場後で初めて。

  豊洲市場水産農産品課の福田政之課長によると、最高額で落札されたのは青森県大間産の278キログラムのクロマグロ。1キロ当たり120万円となる。昨年まで初競りが行われた築地市場(中央区)では13年に大間産のマグロに1匹当たり1億5540万円(キロ70万円)の最高値が出たが、今回はこれを2倍以上上回った。

  最高値で競り落としたのは、13年と同様にすしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE