コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller

金先物が1300ドル台に上昇-世界株安や景気鈍化の兆しで

Five hundred gram gold bars, produced by Swiss manufacturer Argor Hebaeus SA, sit in a storage tray in this arranged photograph at Aranypiac Kft in Budapest, Hungary, on Wednesday, July 20, 2016. Precious metals are back in demand as renewed concerns over Britain's decision to leave the EU have investors fleeing for gold.
Photographer: Akos Stiller

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物がアジア時間4日午前の取引で1オンス=1300ドル台に乗せた。世界的な株安や景気減速の兆候の広がりを受け、投資資金が金に向かっている。

  金先物は一時0.4%高の1オンス=1300.30ドルと、昨年6月以来の高値を付けた。シンガポール時間午前9時20分(日本時間同10時20分)現在では1299.60ドルで取引されている。スポット価格も一時1298.39ドルを付けた。米政府機関の閉鎖が続いていることもリスク回避ムードにつながっている。

原題:Gold Bursts Above $1,300 as Slowdown Tremors Spur New Year Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE