中国がネット上の「低俗」情報を取り締まり-百度と捜狐に命令

  • CACがニュースサービスの更新を10日まで停止するよう命じる
  • 命令に従い影響を受けるサービスを是正する-百度と捜狐
Photographer: ED JONES/AFP
Photographer: ED JONES/AFP

中国のサイバースペース監督当局は百度(バイドゥ)と捜狐に一部ニュースサービスの更新を1週間停止するよう命じた。中国は国内インターネット大手2社を巻き込み、当局が有害と見なす情報のネットからの排除を狙う。

  中国サイバースペース管理局(CAC)は3日、メッセージサービスやライブストリーミング用プラットフォームを含め、ネット上にあふれるオンラインメディアから「低俗」な情報を根絶する6カ月間にわたる取り組みを始めると発表した。

  CACの北京部門によれば、同部門は百度と捜狐の幹部を呼び出し、両社のニュースおよびコンテンツのフィードの幾つかについてアップデートを3日から10日までの間、停止するよう命じた。

  CACは声明で「多数の違法なウェブサイトとアカウントを厳しく調べ閉鎖し、有害な情報を効果的に抑制していく」と表明。百度と捜狐はソーシャルメディアのそれぞれのフィード上に、命令に従い影響を受けるサービスを是正するとの類似したコメントを載せた。

原題:Baidu, Sohu Get Ensnared in Latest Chinese Internet Clampdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE