コンテンツにスキップする

米政府機関閉鎖、3週目に突入も-トランプ氏の交渉カード減少

更新日時
  • トランプ大統領は4日午前に議会指導部とホワイトハウスで協議
  • 民主党は3日開会の新議会で下院過半数議席を握る

トランプ米大統領は、自らが招いた一部政府機関の閉鎖を巡る民主党との交渉でほとんど弾みをつけられていない。3日に共和党が下院の過半数政党でなくなったことから、可能な逃げ道はどんどん少なくなり、行く手はさらに険しくなりそうだ。

  トランプ大統領は3日にホワイトハウスの記者会見室に国境警備隊員らを伴い予告なしに登場し、「壁なしでは国境警備は不可能だ。うまくいかない」と訴えた。大統領はサンダース報道官による記者会見を予期して集まっていた記者団から質問を受け付けなかった。ホワイトハウス記者会見室に招かれたのは、国境警備隊1万8000人など連邦職員が加盟する労働組合の幹部らで、メキシコ国境の壁建設への支持を簡潔に述べた。

President Trump Holds Briefing On Border Security

ホワイトハウスの記者会見室で話すトランプ大統領(1月3日)

Photographer: Tasos Katopodis/Bloomberg

  これに先立ちホワイトハウスのギドリー報道官は、トランプ大統領が民主・共和両党の議会指導部を4日午前11時30分(日本時間5日午前1時30分)にホワイトハウスに招いて協議を再開することを明らかにした。

  新年を迎え公務を再開したトランプ大統領は2日、一連のツイッター投稿やテレビでも放映された閣議でメキシコ国境の壁の建設費用を訴える持論を展開した。その後はホワイトハウスの危機管理室で国境警備問題のブリーフィングと銘打った会合を開き、議会指導者と面会。だが、同会合は政治的駆け引きと化した。

  ペロシ下院議長は政府機関再開を目指し、上院で共和党の支持も得て可決しながらもトランプ大統領に拒否された法案に類似する内容の2つの措置について下院で採決する考えを表明。一方、上院のマコネル共和党院内総務は、政府機関の一部閉鎖が数週間続く可能性を示した。

  トランプ大統領は3日、民主党の政治的駆け引きを批判し、政府機関閉鎖は「2020年大統領選挙が唯一の理由だ」とツイート。記者会見室では「国境警備に関する私のスタンスに対して過去1週間ほど大きな支持を得たことはない」と述べた。

  ペロシ下院議長とシューマー民主党上院院内総務は、トランプ政権に対抗する勢いをさらに強める政治的なチャンスを見いだしていると示唆している。ペロシ議長が下院を通過させようとしている法案は、閉鎖の影響を受けた政府機関を再開させ、案分ベースで国境警備向けの13億ドル(約1400億円)を拠出し、同問題を巡る交渉のために時間を稼ぐものだ。この措置は国土安全保障省を2月8日まで暫定的に再開する資金のみ盛り込んでおり、国境の壁建設に必要な資金は含まない。

  シューマー氏は「大統領は『私が政府を閉鎖する』と言った」とし、共和党側は「今プレッシャーを感じている。この閉鎖の責任を負うことは、大統領にも共和党にも有利に働いていない」とコメントした。

  トランプ氏も、見解の一致点を見いだす構えがあるとのイメージを打ち出すには至っていない。2日には壁建設資金の要求で妥協する気はないと述べた。

原題:Trump Sees Leverage Dwindle as Shutdown Pushes Toward Third Week(抜粋)

(トランプ大統領の会見などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE