コンテンツにスキップする

ブリストルとセルジーンの発表前、「巨額M&Aない」と間の悪い予想

「巨額のM&A(企業の合併・買収)は起こりそうにない」。バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの医薬品アナリスト、ジェーソン・ガーベリー氏がそう予想したのは、医薬品業界史上最大のM&Aが発表される少し前のことだった。

  ゴールドマン・サックスの中小型バイオ技術株担当アナリスト、ポール・チョイ氏も昨年12月に、M&Aは2019年に大量に起こらず、増加傾向が見られれば「投資家心理の最大の押し上げ要因になる」と予想。買い手となり得る企業の手元資金増加やバイオ技術株のバリュエーション低下で、この環境は「ますます魅力を増している」と述べていた。

  米製薬大手ブリストル・マイヤーズ・スクイブは3日、米バイオ医薬品メーカーのセルジーンを現金と株式交換方式で買収することで同社と合意したと発表。ブルームバーグのデータによれば、買収額は債務も含めると888億ドル(約9兆6000億円)。BofAのガーベリー氏は医薬品業界のM&Aについて、2年間の減速期を経て増加傾向に転じるとは予想していたものの、2019年については「ボルトオン型(既存事業の補完・強化を目的とする買収)かつ中規模のM&A」となる可能性がより高いと考えていた。

  ブリストルによるセルジーン買収合意に驚いたのは、ウォール街でほかにもいる。キャンター・フィッツジェラルドのアレシア・ヤング氏は顧客リポートで、「現状のバイオ医薬品戦略からの大きなシフトだ」と指摘。アムジェンなど他の大手製薬会社による大型M&A志向への影響が注目されると記した。巨額M&Aの復活と呼ぶには時期尚早かもしれないとしつつ、現在のところプレッシャーのかかった大型バイオ技術株は上昇する可能性が高いとヤング氏は予想した。

  ガーベリー氏ならびにBofAの担当者からはこれまでコメントを得られていない。

原題:Ill-Timed ’Mega M&A’ Call Got Sucker Punched by Bristol Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE