コンテンツにスキップする

トランプ大統領、マティス前国防長官を誹謗-「実質的」な解任と主張

  • 「私だったら優れた司令官になれたと思う」とも発言
  • トランプ氏、ベトナム戦争では医師の診断を理由に徴兵を逃れた

トランプ米大統領は新年最初の閣議で、退任したばかりのマティス前国防長官を誹謗(ひぼう)した。アフガニスタン戦争での指揮を批判し、退任は「実質的」な解任だったと主張した。

File: In Review, Trump's White House Departures

マティス前国防長官

Bloomberg

  トランプ氏は2日、マティス氏が「私に何をしてくれたかというのか」と問いかけ、「アフガニスタンでのやり方は、あまり芳しくはなかった」と述べた。

  アフガニスタンで20年近くに及ぶ米軍の作戦はひどいものだったと指摘した上で、「私だったら優れた司令官になれたと思うが、どうだろうな」と続けた。

  トランプ氏はかつて、ベトナム戦争への出兵で召集を受ける可能性があったが、骨棘(こっきょく)があるとの医師の診断を理由に徴兵を免れた。

  過去には国防長官在任中のマティス氏に対し、トランプ大統領は称賛することが多かった。2017年12月には過激派組織 「イスラム国」(IS)の掃討が進んでいるのはマティス氏のおかげだと持ち上げていた。

原題:Trump Trashes Mattis After Exit, Asking ‘What’s He Done for Me?’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE