コンテンツにスキップする

米国株が大幅安、成長懸念で-アップル急落

更新日時
The Apple Inc. logo.

The Apple Inc. logo.

Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
The Apple Inc. logo.
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

3日の米株式相場は大幅安。米製造業景況指数が過去10年で最大の低下となったことや、アップルによる売上高予想の下方修正を受け、世界経済の成長が減速するとの懸念が強まった。米国債相場は上昇、外国為替市場では円が値上がりした。

  • 米国株は大幅安、製造業指数の大幅低下やアップルの予想下方修正で
  • 米国債は上昇-10年債利回り2.55%
  • NY原油は上昇、減産期待と景気懸念で日中は不安定な動き
  • NY金は上昇、株安など背景とした逃避の動き継続

  S&P500種株価指数は2.5%安と、クリスマスイブ以降で最悪の値下がり。アップル株は10%安と、2013年以降で最大の下げ。同社は中国の景気減速などが響いたとし、2018年10-12月(第1四半期)の売上高予想を引き下げた。また、米供給管理協会(ISM)が発表した製造業総合景況指数が2008年10月以来の大幅低下となったことに反応し、米10年債利回りは11カ月ぶり低水準に下げた。ブリストル・マイヤーズスクイブによるセルジーン買収合意や、12月の米民間雇用統計の好調も、弱気な見方を押し戻すことはできなかった。

  MUFGユニオン・バンクのチーフ金融エコノミスト、クリス・ラプキー氏(ニューヨーク在勤)は「米企業は先行きについて慎重になりつつある」と指摘。「製造業景況指数の発表後に株式相場で売りが加速し、日中安値に下げたことがそれを表している」と分析した。

  S&P500種株価指数は前日比2.5%安の2447.89。ダウ工業株30種平均は660.02ドル(2.8%)下げて22686.22ドル。米国債市場ではニューヨーク時間午後4時48分現在、10年債利回りが7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.55%

  フィラデルフィア半導体株指数(SOX)では構成する30銘柄のうち、29銘柄が下落。コルボやスカイワークス、ブロードコムなどの下げが大きい。

  個別銘柄ではこのほか3Mやキャタピラー、ダウ・デュポンも全て3%超の下げ。ブリストル・マイヤーズは14%安。一方でセルジーンは20%超上昇し、10月以来の高値。

  航空株は急落。デルタ航空の収入予想引き下げが嫌気された。

  ドイチェ・バンク・セキュリティーズの米国担当シニアエコノミスト、ブレット・ライアン氏は「貿易面での対立が世界的に実体経済に影響を及ぼしつつある」とし、「政策面の不確実性はゆくゆく景気減速を引き起こす。ついにその時期が到来したということだ」と指摘した。

  ニューヨーク原油先物は続伸、2週間ぶり高値付近で引けた。ただ日中は不安定な相場展開となった。石油輸出国機構(OPEC)の減産期待が広がった一方、景気減速への懸念が重しとなった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物2月限は55セント(1.18%)高の1バレル=47.09ドル。ロンドンICEの北海ブレント3月限は1.04ドル高い55.95ドル。

  ニューヨーク金先物は続伸。株式相場の大幅下落や米政府機関の一部閉鎖の中で、昨年12月から見られる逃避の動きが継続している。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.8%高の1オンス=1294.80ドルで終了。

原題:Apple Woes Send Stocks Swooning as Treasuries Jump: Markets Wrap(抜粋)
Oil Edges Up as Traders Weigh Economic Risks Against OPEC Cuts
Gold Miners ‘Laughing’ Amid Best Rally in Decade as Metal Surges

(第5-8段落を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE