コンテンツにスキップする

中国検察:拘束中のカナダ人2人、法規違反に「疑いの余地」ない

  • 最高人民検察院の張軍検察長が記者会見を開いた
  • 審問もないまま、両氏の拘束は3週間余りに及んでいる

中国で拘束されている2人のカナダ人が国内の法規制に抵触したことは確かであり、2人は引き続き取り調べを受けていると最高人民検察院の張軍検察長が3日述べた。

Michael Kovrig

マイケル・コブリグ氏

出典:国際危機グループ

  張検察長は北京での記者会見で、「2人のカナダ人が中国の法規制に違反したことに疑いの余地はない」と明言。その上で、「捜査は法の適正手続きに沿っており、適切に進められると考えている」と語った。

  中国はマイケル・コブリグ、マイケル・スパバ両氏を国家安全を脅かしたとの理由で拘束し続けている。審問もないまま、両氏の拘束は3週間余りに及んでいる。

  ブリュッセルに本部を置く非営利のシンクタンク、国際危機グループ(ICG)に所属するコブリグ氏は香港を拠点とし、中国本土を訪れた際に拘束された。北朝鮮へのツアーを手配した事業家のスパバ氏は、コブリグ氏とは別に拘束された。

  2人の拘束に先立ち、対イラン制裁違反を主張する米国の要請を受け、カナダ当局は中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで先月1日に逮捕していた。

CHINA-US-NKOREA-DENNIS RODMAN

デニス・ロッドマン氏とマイケル・スパバ氏(2014年1月)

写真家:Wang Zhao / AFP経由でGetty Images

原題:China Says ‘No Doubt’ Two Detained Canadians Broke Law(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE