コンテンツにスキップする

2019年の初売りが活況、三越日本橋本店は目標を2桁超え-報道

  • 高島屋日本橋店は開店前に6000人が並ぶ、昨年より1000人増
  • ZOZOTOWNの元旦取扱高は過去最高の40億円、前年比26%増

百貨店やスーパーの今年の初売りは活況で、売上高は好調だった18年並み以上となった企業が相次いだと3日付の日本経済新聞が報じた。

Retail Images As New Year Department Store Sales Are Held

平成最後の初売りは総じて活況

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

2日に初売りを始めた三越日本橋本店の売上高は目標を2桁上回り、前年実績も超えた。高島屋日本橋店は午前10時の開店前に昨年を1000人上回る6000人が並んだ。西武池袋本店の1日元旦の売上高は前年に比べ2%増え、約15万個の福袋が売れたとしている。

  一方、ファッション通販サイト大手ZOZO(ゾゾ)の前沢友作社長は2日、自身のツイッターで、元旦のZOZOTOWNの取扱高が前年比26%増の39憶6865万円と1日の取扱高としては過去最高を更新したと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE