コンテンツにスキップする

米ハリバートンのレサー会長退任-渦中の前内務長官と個人的な関係

  • コーポレートガバナンス指針に沿った会長退任-ハリバートン
  • ハリバートンはチェイニー元副大統領が率いていたことでも知られる

油田サービスを手掛ける米ハリバートンのデービッド・レサー会長が退任した。25年間にわたり経営幹部として同社を率い、2000-17年は最高経営責任者(CEO)を務めていた。レサー氏は内務長官を昨年末に辞任したライアン・ジンキ氏と個人的なビジネス上の関係を持つことで知られ、司法省はジンキ氏に絡んだ疑惑を巡り捜査に着手している。

Halliburton Executives Interview

デービッド・レサー氏

写真家:F. Carter Smith / Bloomberg

  レサー氏(65)の会長退任は2018年12月31日付。ジェフ・ミラーCEOが会長を兼任する。ハリバートンはチェイニー元副大統領がかつて率いたことでも知られる。

  ハリバートンは2日発表した資料で、レサー氏退任は同社の「コーポレートガバナンス(企業統治)の指針に沿ったもの」だと説明。それ以上の詳細やジンキ氏関連の捜査には触れなかった。ただし同社は以前、レサー氏が定年のため18年末に退任するとしていた。

Halliburton's market value has plunged over the past four years
President Trump And Vice President Pence Deliver Remarks During A Prison Reform Summit At The White House

ライアン・ジンキ氏

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

原題:Groomed by Dick Cheney, Halliburton’s Lesar Exits After 25 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE