コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、政府機関閉鎖は続く-逃避需要で円が高い

  • ユーロ圏や中国の製造業指標は軟調、世界経済の減速懸念強める
  • ドル・円は108円台、米国債利回り低下などが背景

2日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の大半に対し上昇。ユーロ圏と中国の製造業指標の軟調で世界経済減速の懸念が高まり、安全逃避の動きが活発化する中で、円も上昇した。

  米政府機関の一部閉鎖が12日目となる中、ブルームバーグのドル指数は5営業日ぶりに上昇した。ドルはこの日、円とカナダ・ドルを除く全ての主要通貨に対して値上がりした。マークイット・エコノミクスが発表した米国の12月製造業購買担当者指数(PMI)が小幅低下にとどまった一方、中国をはじめとするアジア諸国の多くやユーロ圏での同PMIはより軟調さが際立った

  ニューヨーク時間午後4時38分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.3%上昇。ドルは対円で0.7%下げて1ドル=108円98銭。ユーロはドルに対して1%安の1ユーロ=1.1346ドル。

  米国では政府機関閉鎖が続いた。トランプ大統領は2日の与野党指導者との会談を前に、メキシコ国境の壁建設を巡り合意が得られないなら政府機関の閉鎖続行はやむないとの見方を示した。
  
  ドルは円に対し109円を割り込んだ。一時は108円71銭と、2018年5月以来の安値を付けた。米国債利回りの低下や、損失を限定するための売り注文がドルを圧迫した。ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、キット・ジャックス氏はリポートで、ドル・円相場と米国金利の相関関係が「すさまじい勢いで戻った」と指摘。「米国の減速に拍車がかかってていると考えている人、また米金融当局の次の一手が利上げでなく利下げになるとの考えを受け入れている人には、円が味方になるだろう」と語った。

  ユーロは対ドルで1%余り下げ、100日移動平均線の1ユーロ=1.1479ドルを割り込んだ。

欧州時間の取引

  ユーロが円に対し1年6カ月ぶり安値を付けた。アジアの指標が弱かったうえ、ユーロ圏の製造業PMIが市場予想を下回ったことで、円買いが膨らんだ。ユーロは対円で1.5%下げて1ユーロ=124円40銭を付ける場面があった。

原題:Dollar Rises While Yen Benefits From Haven Demand: Inside G-10(抜粋)
Euro-Yen Hits 18-Month Low on Disappointing Data: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE