コンテンツにスキップする

トランプ大統領:米株式相場、貿易合意まとまれば直ちに上昇へ

  • 「FRBに少し助けてもらわなくてはならない」-トランプ氏
  • 大統領は先月、パウエルFRB議長の解任を協議も権限ないと結論

米株式市場は昨年12月に「ちょっとした不調」に見舞われたと、トランプ米大統領は述べた。中国などと貿易協定に関して交渉すれば、直ちに上昇するとの見方を示した。

  トランプ大統領は2日にホワイトハウスで開いた閣議で、「株式相場は先月にちょっとした不調に見舞われたが」、大統領選以降では「まだ高い」と発言。上昇率は約30%だとし、「米金融当局に少し助けてもらわなくてはならない」と付け加えた。

  ダウ工業株30種平均は2016年11月8日以降に約27%、ナスダック100指数は約32%それぞれ上昇しているものの、より広範なS&P500種株価指数の上げ幅は約17%にとどまっている。

  トランプ氏は利上げが最近の相場下落の原因だとして、米連邦準備制度理事会(FRB)とパウエル議長をしばしば批判している。先月にはパウエル議長の解任を協議したが、ムニューシン米財務長官がツイートで明らかにしたところによると、トランプ氏はFRB議長解任の権限が自分にはないとの結論に至った。

原題:Trump Says U.S. Stock Market Will Go Up Following Trade Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE