コンテンツにスキップする

中国の習近平氏:台湾に対話を呼び掛け、統一は不可欠と強調

更新日時
  • 「徹底的な民主的協議」を提案-制度の違いは統一の障害ではない
  • 台湾の蔡総統は提案を拒否-政治的交渉は当局間で行うべきだ
Chinese President Xi Jinping 

Chinese President Xi Jinping 

Photographer: Lintao Zhang/Getty Images 

Chinese President Xi Jinping 

Photographer: Lintao Zhang/Getty Images 

中国の習近平国家主席は2日、中国と台湾が統一に向けて取り組むため「徹底的な民主的協議」を開始することを提案した。自身の在任中に70年に及ぶ対立に終止符を打つ意欲をこれまでで最も明白に示した。

  習主席は、米中国交正常化後の1979年元日に中国から台湾に平和的統一を呼び掛けたメッセージ「台湾同胞に告げる書」の40周年を記念する北京での式典で演説し、「新たな時代における中国の歴史的な復興には統一が必須条件だ。中国は統一される必要があり、そうされる」と発言。「制度の違いは統一への障害や分断の言い訳にはならない」とした。

Russia's President Putin Attends The Eastern Economic Forum

習近平国家主席

写真家:Andrey Rudakov / Bloomberg

  習主席は、「(台湾海峡)両岸の政党やさまざまな地位の人々が代表を選出」し、将来の中台関係を巡る対話に参加させることを提案。交渉では双方が「一つの中国」に属するとの立場を堅持するとの合意が守られなければならないとした。想定されるモデルとして、英国からの返還後の香港に適用された「一国二制度」に触れた。

  習主席はさらに、「両岸の双方が一つの中国に属することは法的事実であり、いかなる人物や勢力によっても変えることはできない」と述べ、蔡英文総統の支持者を含む台湾の独立推進派に警告。中国人は中国人を攻撃しないと述べながらも、中国としては「武力行使の放棄にコミットしていない」と指摘した。

  蔡総統はこれに対し、秩序だった対話は中国・台湾両当局間で行われるべきだとして習主席の提案を拒否。台湾の人々は一国二制度に反対しているとも述べた。

  同総統は「われわれは協議の席に着くことに前向きだ。だが民主主義体制の台湾として、中台関係に関する政治的交渉は全て、台湾人民による承認と監督を受けて行うべきであり、当局者間の協議というモデルの下で進めなければならない」と発言。「この原則の下、いかなる個人や集団も政治交渉において台湾人民を代表する権利を有していない」と主張した。

TAIWAN-POLITICS

台北で記者会見する蔡英文総統(1月1日)

写真家:Sam Yeh / AFP経由でGetty Images

  蔡総統は1日の新年の談話では、台湾が引き続き中国からの脅威にさらされていると述べ、対中強硬路線を維持する考えを示唆した。昨年11月の統一地方選で、蔡総統率いる与党・民主進歩党(民進党)は親中路線を掲げる野党・国民党に大敗した。

原題:China’s Xi Seeks Talks to Unify Taiwan With Mainland(抜粋)Taiwan Leader Signals Firm Line on China After Election Defeat(抜粋)

(第5、6段落に台湾総統の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE