コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、コンクリート壁の要求譲らず-政府閉鎖10日目

トランプ米大統領は31日、メキシコとの国境にコンクリート製の壁を建設する要求は放棄していないと述べた。今週ホワイトハウスを去るケリー米大統領首席補佐官は、コンクリート案は何カ月も前に断念されていると前日に述べていた。

  トランプ大統領はツイッターに「全コンクリート製の壁は『一度も断念していない』」と述べた。壁の建設費用を巡る対立が引き起こした一部政府機関の閉鎖は、31日で10日目を迎えた。大統領は「一部の壁は全てコンクリート製になるだろうが、国境警備隊の専門家はあちら側が見える壁を望んでいる(そうすれば国境の両側で何が起きているかを監視することができる)。納得のいく話だ!」と続けた。

  ケリー補佐官は30日付の米紙ロサンゼルス・タイムズの取材で、ホワイトハウスはコンクリート製の壁建設案を何カ月も前に断念したと述べていた。

原題:Trump Says Wall Not Abandoned as Fight Over Funding Goes On(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE