コンテンツにスキップする

HSBCトルコ責任者を動画投稿で捜査、大統領侮辱の疑い-現地紙

トルコのエルドアン大統領を侮辱した疑いで、同国検察当局は英銀HSBCホールディングスのトルコ部門責任者を捜査していると、現地紙ジュムフリエトが報じた。同国は反対勢力を取り締まっており、最も有力な企業幹部の1人が標的にされた格好だ。

  今回の捜査は、HSBCトルコのセリム・ケルバンシ最高経営責任者(CEO)が5年前、エルドアン体制に反対する大規模デモが展開されていた時期にリツイートした動画に関連しているという。ジュムフリエトは情報源を明らかにせず報じた。同紙によるとケルバンシ氏が投稿した動画は、2004年にドイツで公開された映画「ヒトラー~最期の12日間~」の一場面。この映画はヒトラーの最後の日々やナチス崩壊を描いた作品だ。

  ケルバンシ氏は既にイスタンブールの警察当局に供述していると、ジェムフリエトは報じた。HSBCトルコはブルームバーグの取材に対してコメントを避けた。トルコではエルドアン大統領に対する侮辱は犯罪行為になる。

  19年3月の地方選を控え、エルドアン政権はデモを組織したと見なす人物の取り締まりを再び強化している。

原題:HSBC Turkey CEO Probed for 2013 Erdogan Retweet: Cumhuriyet (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE