コンテンツにスキップする

中国、医薬品調達の一本化プログラムを拡大へ-第一財経

中国は地方当局による医薬品調達の一本化プログラムを拡大し、ジェネリック(後発薬)購入価格の引き下げを図る。ニュースサイトの第一財経が28日報じた。

  同サイトによれば、中国政府はこのプログラムの対象となる都市と医薬品を増やしていくと孫春蘭副首相が全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会の会合で述べた。

  同プログラムは12月6日、主要11都市で31の医薬品を対象に始まった。

原題:China to Expand New Drug-Buying Plan to More Cities, Medicines(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE