コンテンツにスキップする

今年の自己評価「C判定」とシティのストラテジスト-米株予測の精度

  • S&P500種の予測はコンセンサスより低いが、現実よりなお高い
  • 大型株を選好する先見の明はあったが、バリュー株の楽観は誤り

今年も終わりに近づき、マーケット予測を行う専門家の1年の評価が定まる時期となったが、米銀シティグループの米国株チーフストラテジスト、トビアス・レフコビッチ氏は自分の成績に満足することができない。

Citigroup Inc. Chief U.S. Equity Strategist Tobias Levkovich Interview

トビアス・レフコビッチ氏

写真家:Chris Goodney / Bloomberg

  レフコビッチ氏はS&P500種株価指数の年末目標を2800としており、これは大方よりはましな予想だったが、自分ではその精度を「C判定」と採点する。S&P500種はこのままなら過去10年で最悪の下げとなり、同氏の見立ては現実を300ポイント余り上回っている。

  比較的規模の小さい企業より大型株を選好する先見の明はあったが、エネルギーや金融といったバリュー株(割安株)への楽観は誤りだった。これら2つのセクターは2018年を通じて市場全体の倍のペースで下げ、いずれも弱気相場入りした。

Citi's Tobias Levkovich gives himself C grade for his 2018 predictions

原題:Citi’s Levkovich Gives Himself C Grade on 2018 Stock Predictions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE