コンテンツにスキップする

仏建設ヴァンシ、英ガトウィック空港の過半数株式29億ポンドで取得へ

フランスの建設会社ヴァンシは、英ガトウィック空港の過半数株式を29億ポンド(約4054億円)で取得することで合意した。ガトウィック空港は単一滑走路空港としては世界で2番目に離着陸数が多い。

  27日の発表資料によると、ヴァンシはアブダビやオーストラリアなどの政府系ファンド(SWF)を含む投資家グループから、ガトウィック空港の株式50.01%相当を買い取る。ヴァンシはポンド建て社債を発行して買収資金を調達する。現在の株主であるグローバル・インフラストラクチャー・パートナーズが今後も残る株式を管理していく。

原題:London’s Gatwick Airport Sold for $3.7 Billion to Vinci (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE