コンテンツにスキップする

ECB:貿易の保護主義、来年の世界成長を抑制へー経済報告

欧州中央銀行(ECB)は保護主義の高まりが貿易の伸びを抑制し、世界経済は来年に減速するとの予測を示した。

  ECBは27日発表した最新の経済報告で、経済活動は引き続き世界的に底堅さを維持しているが、不均等さが増し、勢いが緩やかになっている兆候が一段と明白になりつつあると指摘。さらに貿易の伸びが世界的に弱まっており、今後の通商関係を巡る不透明感が高まったと分析した。

  同報告でECBは、「今後について見ると、世界的な経済活動は2019年に減速が見込まれるが、その後安定して推移するだろう。余剰能力の縮小に伴い、世界のインフレ圧力は緩やかに上昇すると予測する」としている。

原題:ECB Says Trade Protectionism Will Crimp Global Growth Next Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE