コンテンツにスキップする

中国の華為は18年の売上高21%増のもよう、逆風の中で大幅増収

  • 18年の売上高、約12兆円へ-郭平輪番会長が書簡で公表
  • 5G移動通信革命で最前線を定位置とする取り組み倍増へ
CHINA-US-CANADA-DIPLOMACY-TELECOM-HUAWEI
Photographer: GREG BAKER/AFP
CHINA-US-CANADA-DIPLOMACY-TELECOM-HUAWEI
Photographer: GREG BAKER/AFP

売上高で中国最大のテクノロジー企業、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は27日、2018年の売上高が前年比21%増になるとの見通しを示した。同社の事業と製品のセキュリティーを巡り世界的に懸念が強まる中でも、大幅な増収を達成したもようだ。

  華為は18年の売上高が1085億ドル(約12兆円)になると予想。郭平輪番会長が公表した年末の書簡で明らかになった。同社は今年、2億台以上のスマートフォンを出荷し、世界のスマホ出荷台数ランキングで米アップルを上回った。

  郭氏は第5世代(5G)移動通信革命で最前線を定位置とする同社の取り組みを倍増させると表明した。

原題:Huawei’s Revenue Growth Rebounds Despite ‘Storm-Tossed’ 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE