ソニーがToFセンサー来年量産へ、スマホの3Dカメラ需要狙う

  • イメージセンサー全供給先と商談、アプリ巡る中国の早い動きに期待
  • 「3Dが当たり前」の時代へ、CMOSに続く主力に育成ー事業部長

ソニーは3次元(3D)カメラに使われるToF方式の距離画像センサーの量産を2019年から始める。より強い立体感を得られる拡張現実(AR)技術や顔認証アプリが使えるスマートフォン向けの需要に期待し、米アップルを含むセンサー供給先に売り込みをかけている。

ソニーのToFセンサーモジュール

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  ソニーセミコンダクタソリューションズの吉原賢モバイル&センシングシステム事業部長によると、九州の自社工場で夏以降、一部生産を開始。スマホのカメラなどに使うイメージセンサーの全供給先に商談を持ちかけている。特に中国は「市場自体が大きく、アプリの動き方もすごく早い。非常に期待している」と述べた。

ToFセンサーのウエハーを手にするソニーセミコンダクタソリューションズの吉原賢氏

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  イメージセンサーで世界シェアトップのソニーは、17年に対象物に光を照射し、その到達速度で距離を測定するToFセンサーを開発した。新たな需要を取り込み、現在主流のCMOSセンサーに続く主力製品に育てる方針だ。中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)は、最新の3Dカメラ搭載スマホにソニーのToFセンサーを採用した。

ToFセンサーは奥行きを色で示す

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  富士キメラ総研によると、18年のToFセンサーの市場規模は前年比36%増の199億円の見込み。25年には約5倍の1028億円まで拡大すると予想している。豊田裕介主査は、「スマホで顔認証やARを目的としたToFの本格採用が始まるだろう」と指摘する。

  世界のスマホ需要が鈍化する中、3Dカメラは次世代通信規格の第5世代(5G)導入とともに起爆剤として期待される。吉原氏は「カメラが当たり前になったように3Dが普通に使われる状態」を思い描き、「ToFセンサーでもナンバーワンになる」と意欲的だ。一方、自社のスマホ「エクスペリア」への採用については言及を控えた。

ToFセンサーで手の動きを感知する

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE