トランプ大統領とパウエル議長の会談の可能性、側近が模索-CNN

  • 直接会談すれば両者の緊張を和らげることができると側近は想定
  • 政治的に独立しているFRB議長と大統領が会談なら極めて異例

パウエル議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米CNNは26日、トランプ大統領がパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長と来年に一対一で会談する可能性について大統領の側近が模索中だと、協議に詳しい関係者1人を引用して報じた

  それによれば、トランプ大統領の側近の一部は、大統領がパウエル議長と直接会談すれば、両者の緊張を和らげ、基調的な経済動向について話し合うことができるのではないかと考えている。

  ムニューシン財務長官はパウエル議長と定期的に会談している。一方、大統領がFRB議長と会うのは過去に例がないわけではないが、FRB議長のポジションは政治から独立している連邦準備制度のトップであるだけに極めて異例だとCNNは伝えた。正式な予定は一切組まれていないという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE