コンテンツにスキップする

FAANG銘柄が大幅反発、数カ月ぶり安値から持ち直す

  • アマゾンは9.5%高、アップル7%高、ネットフリックス8.5%高
  • かなり売られ過ぎと見受けられた状態からの回復-50パークCEO
Logos Of FAANG Tech Companies
Photographer: Jason Alden/Bloomberg
Logos Of FAANG Tech Companies
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

26日の米株式市場では、テクノロジーおよびインターネット関連の大型銘柄が大きく値上がりし、最近の大幅な下げの一部を埋めた。かつて相場上昇をけん引してきたこれら銘柄は最近の株安で数カ月ぶり安値を更新し、ナスダック総合指数を弱気相場入りに向かわせていた。

  フェイスブックとアップル、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットを表すいわゆる「FAANG」銘柄は26日、いずれも数営業日ぶりに上昇した。

  50パーク・インベストメンツのアダム・サーハン最高経営責任者(CEO)は電話で、「かなり売られ過ぎと見受けられた状態からの回復が見られる。下落規模を踏まえれば、このような反発があっても驚くには当たらない。現在は弱気局面にある」と指摘した。

FAANG stocks rebound off recent steep losses

  24日まで4営業日続落していたアマゾンはこの日、9.5%高で終了。アップル株は7%高、アルファベットは6.5%高、ネットフリックスは8.5%高となった。フェイスブックも8.2%上昇した。

原題:FAANG Stocks Rebound After Protracted Slump to Multimonth Lows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE