コンテンツにスキップする

平成元年は「ちなみに5%」、安倍首相が経団連に賃上げ要請

安倍晋三首相

安倍晋三首相

Photographer: Francois Mori/AP Photo
安倍晋三首相
Photographer: Francois Mori/AP Photo

安倍晋三首相は26日、経団連の会合であいさつし、2019年の春闘は「景気回復基調をより確かなものとできるような賃上げをぜひお願いしたい」と要請した。

  安倍首相は、賃上げ幅に関して「平成元年(1989年)の賃上げ率は今年の水準の2倍くらいあった」と強調。中西宏明経団連会長をはじめとした企業トップを前に、「具体的に申し上げることは控えた方が良いかもしれない」としながらも、平成元年は「ちなみに5%」とわざわざ例示した。

  安倍政権が企業に賃上げを促すのは6年連続。18年春闘では3%の賃上げを促していたが、経団連の集計によると、大企業の賃上げ率は2.53%。17年の2.34%を上回ったが、政府要請には届かなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE