コンテンツにスキップする

米株価指数先物は不安定な値動き-トランプ氏発言の真意を見極め

更新日時
  • S&P500種株価指数の先物は取引開始直後に一時1.1%安
  • 本格的な弱気相場入りまでS&P500は7ポイントに迫っている
Pedestrians outside the New York Stock Exchange.
Pedestrians outside the New York Stock Exchange. Photographer: Spencer Platt/Getty Images
Pedestrians outside the New York Stock Exchange.
Photographer: Spencer Platt/Getty Images

米株価指数先物は、プラスとマイナスを行き来する方向感の定まらない値動きとなっている。投資家はムニューシン財務長官と米経済への信頼を表明したトランプ大統領のコメントの真意を見極めようとしている。

  S&P500種株価指数の先物(2019年3月限)はニューヨーク時間25日午後7時6分(日本時間26日午前9時6分)現在で0.3%高。激しい値動きの中で一時1.1%急落する場面もあった。ナスダック100指数先物とダウ工業株30種平均の先物はそれぞれ0.2%上昇。S&P500種は本格的な弱気相場入りまで7ポイントに迫っている。

  トランプ大統領は25日、ムニューシン財務長官を「とても才能のある男、とても賢い人物だ」とたたえた。米連邦準備制度については「利上げペースが速過ぎる」と不満を示しながらも「信頼」しているとした。

原題:U.S. Stock Futures Swing as S&P 500 Verges on a Bear Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE