コンテンツにスキップする
Photographer: dowell/Moment Open

金融危機の引き金引いた証券、2018年には最高の避難先-リターン突出

RF stocks markets
Photographer: dowell/Moment Open

前回の世界的な金融危機の引き金を引いた証券は、今では下落局面から逃れる最善の投資先に挙げられるようになった。

  ブルームバーグ・バークレイズ指数によると、自動車やクレジットカードなどのローン債権を裏付けとする証券は、年初から今月24日までにプラス1.6%のトータルリターンを計上した。リパッケージ債市場の一部はさらに好調で、政府保証のない住宅ローン担保証券のリターンは今年、プラス11%余り。S&P500種株価指数のトータルリターンが今年に入ってマイナス10%超となっている中で、こうした証券のリターンは突出している。

Few Places to Hide

Securitized debt had some of the only positive returns in credit this year

Source: Bloomberg Barclays, Markit

Note: Return figures are through Dec. 24

  住宅ローン債権を裏付けとする証券や資産担保証券(ABS)の勢いは、なお続く可能性がある。ゴールドマン・サックス・グループやウェルズ・ファーゴは、こうした証券の保有を増やし、社債投資を縮小するよう顧客にアドバイスしている。

  この種の証券に重点投資するファンドの多くは、ここ数年の運用成績が驚くほど良い。ブルームバーグの集計データによれば、コロンビア・モーゲージ・オポチュニティーズ・ファンドのリターンは年初から21日までに利払い分を含めてプラス7%前後と、米国のストラクチャード・クレジット・ミューチュアルファンドの中で最も高い。
  
  コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのストラクチャードアセット責任者、ジェーソン・キャラン氏は、政府保証の付かない住宅ローン証券などへの投資が奏功したと発言。「低金利が長く続いているため、消費者の債務返済能力は従来のサイクル時に比べてずっと高くなっている」と述べた。景気は来年減速するが、個人の借り手はうまく乗り切るはずだとの見通しを示した。

  米連邦準備当局によれば、クレジットカードの支払いや住宅ローンなどを含む米家計の金融債務は、4-6月(第2四半期)に可処分所得の9.8倍。2012年以来の低水準となり、過去最低に近づいた。この数値は07年末をピークに総じて低下傾向にある。

Household obligations relative to incomes are close to lowest on record

原題:Scary Bonds From Last Crisis Were the Best Place to Hide in 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE